近況報告  ( Dec. 21, 2007)      過去ログはこちら⇒ クリック (Past Data)

日本の名曲「英語ヴァージョン」作成の最近情報

Recent Report On My Translation Activities.

“Eigo Vaajon” Sakusei No Kinkyou Houkoku

 

クリスマス・ソングを歌ってみました。

http://bito2.tsukaeru.jp/Silentnight.htm 

 

最近ここの「近況報告」の更新を怠っておりました。 というのも最近、行け行けムードというより、充電期間、と言うかちょっと今までの整理に手を食われております。

 

B. Ito’s 日本名曲英語ヴァージョン」作品はもう一つのインディーズ作品発表専門の下記のサイト、「MUZIE」にも登録しております。 文部省唱歌英語ヴァージョンを中心に現在108曲目(丁度年の暮れとしては縁起のいい数字でしょ)の登録を済ませたところです。最新登録の3曲の曲名は、「ペチカ」、「ズンゴコ節」、「人形」です。 一度下記のURLをクリックしてお聞き頂きなんなりとコメント頂ければ嬉しいです。

 

http://www.muzie.co.jp/cgi-bin/artist.cgi?id=a011096 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今は、「アイドルを探せ」で昔大ヒットしたシルヴィー・ヴァルタンが歌っていた、フランス語タイトル「La Plus Belle Pour Aller Danser」をフランス語で歌ってみたいので一生懸命彼女の元歌を聴いております。リズムが速いのと、フランス語歌詞も字余り気味なところが2−3箇所あるので、その辺りを歌いこなすのが難所ですね。

 

‘Louisiana Mama’ を何とか歌えるようになるには大変でした。 Gene Pitney の元歌をかなり聴き込んだ時点でやっと、かれはこの歌ではニュー・オーリーンズリーンズの発音でアクセントのもって行き方を2通りに歌い分けていることに気が付いたくらいです。 英語はアクセントを何処に置くかによって歌いづらかったりするんですね。そんな勉強ができました。 今のところ下記のURLに仮アップロードしたのが私の最高の成果です。

 

http://bito2.tsukaeru.jp/Sekainomeikyoku10.htm

 

 

外国語の口慣らしと世界音楽ジャンル(レパートリー)を広げる意味で、英語の歌では、Gene Pitney ”Louisiana Mama” それとフランス語の歌ではSilvie Valtan の “La Plus Belle Pour Aller Danser” の2曲をそれぞれ言語で歌えるようにしたいなぁ、と思って目下元歌を何度も聞いております。まずは”Louisiana Mama”からですが、デキシーのリズムは乗りに厳しいところがあるのでなかなか歌いだせません。もうそろそろ1ケ月になりますが、どうも歌いだせません。 あと1週間くらいすれば、練習成果を聞いていただけると思います。

 

 

「紀元二千六百年」という歌があるんですね。西暦BC660年(神武天皇の即位)から数えて

2600年と言うことで、昭和15年にその紀元元年の式典があったのですね。かの有名な

「ゼロ式戦闘機」はその紀元元年即ち紀元ゼロ年に第一号機ができたのですって。だから「ゼロ戦」

(紀元ゼロ年式戦闘機)と言われているのですね。 英語ヴァージョンで唄ってみました。

 

http://bito2.tsukaeru.jp/Kigen2600373.htm 

 

Japan Era 2600                No. 373

紀元二千六百年

(1)
金鵄(きんし)輝く 日本の
Golden Falcons are in Nippon.

(はえ)ある光 身にうけて
Glories are in our future.

いまこそ祝え この朝(あした)
We now celebra_te thi_s new morning.

紀元は二千六百年
The year is 2 thousand 6 hundred.

ああ 一億の胸はなる
Ah, one hundred million tribe will throw their che_sts.

 

 

2006. 3. 22, 30          Translated by:  B. Ito

 

 

「東京音頭」「花笠音頭」「木曾節」、それぞれの英語ヴァージョンは下記のURLに

仮アップッロード致しました。 なんなりとコメント頂ければうれしいです。

 

http://members10.tsukaeru.net/bito/Kisobushi.htm

 

http://members10.tsukaeru.net/bito/Hanagasaondo.htm

 

http://members10.tsukaeru.net/bito/Tokyoondo.htm

 

 

「草津節」英語ヴァージョン、1−3番を歌ってみました。

http://members10.tsukaeru.net/bito/Kusatsubushi.htm 

 

――――――――――――――――――――――――――――――

 

           Kusatsu  Bushi                       No. 365

                   草津節

            群馬県民謡 

(1)

草津よいとこ 一度はおいで ドッコイショ

お湯の中にも コリャ  花が咲くよ  チョイナチョイナ

Kusatsu is a nice spot.  Visit here   at least once.  (Dokkoisho.)

You’ll be_  surpri_sed  to  see  /   flowers bloom  in the spa.

                                                 (Choina, choina)

 

(2)

朝の湯けむり 夕べの湯もや ドッコイショ

草津は湯の町 コリャ  夢の町よ  チョイナチョイナ

Steam clouds in the mor_n.   Steam mi_st  in the eve.  (Dokkoisho.)

Kusatsu is a spa town.  Really,  /  a well-knowm  town of dreams.

                            (Choina, choina)

 

(3)

忘れしゃんすな 草津の道を ドッコイショ

南浅間に コリャ 西白根よ チョイナチョイナ

 

Don’t forget your_  wa_y  to come here_  any time.  (Dokkoisho.)

Mt. Asama ‘_s  to the south.  /  Mt. Shirane’s  to the west.

                          (Choina, choina)

 

(4)

お医者様でも 草津の湯でも ドッコイショ

惚れた病は コリャ  治りゃせぬよ  チョイナチョイナ

 

Neither any  doctor  nor  Kusatsu  spa,  (Dokkoisho,).

Could cure your_  sickness  from lo_ve  matters.

                     (Choina, choina)

 

(5)

惚れた病も 治さば治る ドッコイショ

好いたお方と コリャ 添やなおる チョイナチョイナ

 

Your love  sickness  could easily  be cured,  (Dokkoisho,)

Only when you’_ve be  united  with the one  in your mind.

                      (Choina, choina)

 

(6)

錦織りなす 野末をみれば ドッコイショ

晴れた浅間に コリャ   けむり立つよ チョイナチョイナ

 

 

2005. 12. 27, 28                        Translated by:  B. Ito

 

 

 

童謡気分が高まって来ましたが、「金ちゃんのどんとやってみよう」でこんなのありましたね。 歌詞もユーモアにとんでメロディーも大変よかったですね。 古い英訳を何度か手直しして、現在はこんなところです。

 

http://proxy.f2.ymdb.yahoofs.jp/users/c3f4ae87/bc/Medakanokyoudai001mp3.MP3?bc33K7DBerrCSxPO 

 

 

文部省唱歌、「赤とんぼ」は初期の英訳と同時に一番のみはフランス語訳でも歌って見ましたが、イタリー語訳は1−4番まで通して翻訳しました。 インターネットでニュースグループのイタリーの方に私の文法的に間違っている所は訂正してもらってあるのでまあ安心です。

 

http://bito2.tsukaeru.jp/Akatomboitaliano.htm  「赤とんぼ」イタリー語ヴァージョン

 

                      Le  Libellule  Rosse                 No. 355

                          (赤 と ん ぼ)

(1)

Le libellule  rosse mi ricordano  /  la mia  infanzia.

Le vidi  tempo  fa da su le spalle  /  della mia bambinaia.

 

(2)

Avevamo   raccolto molti gelsi  /  nei campi  in pendio.

Mi chiedo  se fosse  una visione  /  o il  mio vero ricordo.

 

(3)

La bambinaia  si era sposata  /  a quindici  anni.

E passato  molto  tempo da quando  /  ricevemmo sue notizie.

 

(4)

Sto guardando  una libellula  /  rossa questa  sera,

Che si è  posata  sulla cima  /  di  una canna  di bambù.

 

 

2005.8.26, 9. 19                          Tradotto da : B. Ito

(2005. 9. 21, 22, 23   commenti e consigli ricevettero da floria

tosca, lOne (on mac), Kevin O’Donnel, sci.lang.translation)

2005. 9. 22, 23,23a

 赤 と ん ぼ

          詩:三木 露風

            曲:山田 耕作

(1)

ゆうやけこやけの あかとんぼ 

おわれて みたのは いつのひか

 

(2)

やまの はたけの くわのみを 

こかごに つんだは まぼろしか

 

 

 

 

(3)

十五で ねえやは よめにゆき  

おさとの たよりは たえはてた

 

(4)

ゆうやけこやけの あかとんぼ

とまっているよ さおのさき。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「象さん」英、仏、独、西、伊語ヴァージョン一応翻訳とそれぞれの歌唱見本は下記のようにそろいましたが、まだ自分なりの推敲が充分出来ていないので、私の掲示板だけ書き込んだだけで、それぞれのニュースグループニュースグループには投稿しておりません。 なんなりとコメントいただけたら嬉しいです。

 

http://bito2.tsukaeru.jp/ZousanEF.htm 

               Dear  Elephant                No.002

                 ぞうさん

(英語)

 

1.  E_lephant !   E_lephant !                 

Your_  nose  /  is  very  long.                  

  Ye_s.   My mother's  is  /  also  very  long.   

2.  E_lephant !   E_lephant !        

 Who_m   do you_  /  love  the_  most ?

   We_ll.   I_  lo_ve  /  m_y  mom the most.

 

 

(フランス語)

 

l.  E_lephant !   E_lephant ! 

   To_n  nez_  /  est  très  long.

   Oui_.   Celui de  ma mama_n  /  est  aussi très long.

2.  E_lephant !   E_lephant !

   Qui_  est-ce que_  /  tu_  aimes le plus ?

   Oui_.   J'_aime  le  plus  /  ma_  mama_n.

 

 

Translated by:     B.  Ito

1999. 11. 18, 2000. 2/17, 18 5/30. 6/15. 2005. 10. 13, 14

        

ぞうさん 

まど・みちお作詞/團伊玖磨作曲

(1)

ぞうさん! ぞうさん!

お鼻がながいのね

そうよ。 母さんも ながいのよ。

 

 

(2)

ぞうさん! ぞうさん!

だあれが すきなの

そうよ。 母さんが 好きなのよ。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

http://bito2.tsukaeru.jp/ZousanGS.htm

 

          Kleine  Elefant           No. 357

        ぞ う さ ん

(独語)

 

l. E_lefant  !   E_lefant  !                           

Dei_ne  Na_se  /  ist  sehr lang.              

Ja_.  Meine Mutter Nase  /  i_st  auch sehr lang.                                 

2.  E_lefant  !    E_lefant  !

Wen_  liebst du_  /  die  meisten ?

Ja_.  Ich  lie_be  /  meine_  Mutter meisten. 

 

 

(スペイン語)

 

1. Ele_fante !   Ele_fante ! 

Tu_  nari_z  /  es muy larga.                   

Si_.  Aquélla de   mi ma_dre  /  e_s   muy larga. 

                                         

2. Ele_fante !   Ele_fante !

¿Quien_  le gusta  /  la_  mayoría?

Bue_no.  Me gusta_  mi  /  mamá_  la mayoría.

 

 

1999. 11. 18, 2000. 2/17, 18 5/30. 6/15   Translated by:  B.  Ito

(2000.11   advice(G) from Denice,  2002. 6. 19  advice(G) from

H. O-ishi) 2002. 6. 20, 2005.10.10, 14

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

http://bito2.tsukaeru.jp/ZousanI.htm

 

Piccolo  Elefante                 No. 358

ぞ う さ ん

(イタリー語)

 

1.  Ele_fante !   Ele_fante !

I_l   Suo  naso  /  è molto lungo.

Sì_.   Quello di   mia ma_dre  /  è an_che molto lungo.?

 

 

2.  Ele_fante !   Ele_fante !

Chi_  ama_  /  di_  più_? 

Be_ne.   amo di_  più  /  mi_a   mamma.

 

 

2005. 10. 10, 14                       Translated by:  B. Ito

 

 

 

 

リクエストに応じて「赤とんぼ」のイタリア語ヴァージョンを手がけました。 加えて、ずっと以前から多国語に翻訳してみようと思っていた童謡「象さん」もイタリア語にしてみました。 いつものようにインターネット・ニュースグループのイタリア人も参加するBBSにイタリア語ヴァージョン歌唱見本付きで投稿してコメント及びアドヴァイス、訂正をしていただこうと考えております。

「象さん」の外国語ヴァージョン、英語、フランス語、ドイツ語、スペイン語、も今までのに訂正を加えて、

ここに5ケヶ国語のヴァージョンをまとめて書き込んでおきます。

何なりとコメントいただければ有り難いです。

 

          D E A R     E L E P H A N T (象さん)               No. 002a

   (英語)

1. Dear  E_lephant !  Dear  E_lephant !                 

Your_  nose  is  /  very  long.                  

  Ye_s.  My  mother's  is  /  also  very  long.   

2. Dear  E_lephant !  Dear  E_lephant !        

 Whom  do  you  /  love  the_  most ?

   We_ll.   I_  lo_ve  /  my  mom  the_  most.

 

 

Tu as un nez / un peu plus long.

Oui, mosieur. Ma maman a / aussi an nez très long.

Qui est-ce que tu aimes / le plus au monde ?

Oui, monsieur. J’aime avant tout / ma charmante maman.

 
 (フランス語)

l. Cher  E_lephant !  Cher  E_lephant !                Vo_tre  nez   /  est très   To_n  nez  /  est  très  long.

   Oui_. Ce de ma maman  /  est  aussi très long.

2. Cher  E_lephant !  Cher  E_lephant !

   Qui est-ce que  /  tu aimes le plus ?

   Oui_.   J'aime  le  plus  /  ma_  m_aman.

 

   (ドイツ語)

Elefant !  Elefant !

Du hast eine lange Nase.

Ja, meine Mutter auch hat die lange Nase.

Elefant !  Elefant !

Wen hast du am liebsten ?

Ya, ich habbe meine Mutter am liebsten..

 
l.  Kleine  E_lefant  !  Kleine  E_lefant  !                        

   Deine  Nase  /  ist  sehr lang.              

   Ja_.  Meine Mutter Nase  /  ist  auch sehr lang.                                  

2. Kleine  E_lefant  !  Kleine  E_lefant  !

   Wen  liebst du  /  die meisten ?

Ja_.  Ich liebe meine  /  Mutter  meisten. 

 

(スペイン語)

1. Querido Elefante,   Querido Elefante,  Tu  nariz es  /  muy,  muy larga.

Si, es sierto.  La nariz de mi madre  /  es tambien muy larga.

2. Querido Elefante,  Querido Elefante,

A cual quie_res  /  mas de todos ?  (A quien quieres mas ?)

Bueno. (tu)  lo  sabes.

Porsupuesto  /  que quiero mas / a mi madre (de todos).  (..que a todos)

(Porsupuesto que a mi madres a lo que mas quiero.)

 

 
1. Querido Elefante !  Querido Elefante ! 

Tu  nariz  /  es muy larga.                   

Si_.  Aquélla de mi ma_dre  /  es muy larga. 

                                         

2. Querido Elefante !  Querido Elefante !

¿Quien le gusta  /  la mayoría?

Bue_no.  Me gusta mi  /  mamá la mayoría.

 

(イタリー語)

1. Piccolo E_lephant !  Piccolo E_lephant !

Il Suo naso  /  è molto lungo.

Sì.  Quello di mia ma_dre  /  è anche molto lungo.?

 

2.  Piccolo E_lephant!  Piccolo E_lephant!

Chi ama  /  di  più? 

Bene.  Io amo  /  di più mia mamma.

 

 

1999. 11. 18, 2000. 2/17, 18 5/30. 6/15                       Translated by:     B.  Ito

(2000.11   advice from Denice,  2002. 6. 19  advice from H. O-ishi) 2002. 6. 20, 2005.10.10

ぞうさん 

 まど・みちお作詞/團伊玖磨作曲

(1)

ぞうさん! ぞうさん!

お鼻がながいのね

そうよ。 母さんも ながいのよ。

 

 

(2)

ぞうさん! ぞうさん!

だあれが すきなの

そうよ。 母さんが 好きなのよ。

 

 

H. Shimizuさんに色々コメント、アドヴァイスを頂き今までの私の英訳を相当改訂いたしました。解釈も全く異なったところもありますが、これの方がまともな英訳に近のでははにかと思います。

何なりと、更にコメントいただければ嬉しいです。

 

               My Song for the Thistle                           No.356

あざみの唄

(1)

The  most massive  mountains are  /  never  free  from worry.

The  vastest  sea  is  neither   /  free  from  sadness

Still  more  in the  flower gardens  /  of  human  minds,

The  thistle  flowers opened  there  /  must  suffer from  a hard time.

 

(2)

The  lilies  in the high  mountains  /  are  surely  precious.

Still  more  precious  secret image,  /  I’ve  been keeping  in my mind.

The  beautiful  feature  burning   /  in  such charming crimson,

That’s  the dearest  thistle  flower  /  that  I’ve been  longing for.

 

(3)

Oh,  such a  dearest flower,  /  you  are a  thistle  flower !

The  only  flower in  my heart,  /  you  are a  thistle  flower !

Even  though  we mayn’t  encounter  /  in  our lives  each other,

I  wish your  fragrance  would come true  /  in  my  ever-waiting bosom.

 

 

2005. 9. 27, 30                                            Translated by:  B. Ito

(2005. 10.1, 2, 3, 4         advice from H. Shimizu, BBS) 2005. 10. 4, 4a

 

 

「日本名曲英語ヴァージョン」シリーズ、最近新作品のペースが落ちてきておりますが、これはあまり得意でもなかった私の音楽知識を広げるのと音楽感性を磨くのにあれやこれやと日にちが掛かっていたことと、これまでのハイペースでの作品の歌唱見本の再録音やら、編集整理に手間取っておりました。 最近で字手有るメディアが発達して作品の編集、保存方法も何通りも出来る時代になってきたのは、結構なことですね。

作品No.356として今回は日本歌謡界のオールディーズ「あざみの唄」の英語ヴァージョンに取り掛かりました。 まだ祖訳段階ですが、どなたからか興味のおありの方でなんなりとコメントいただけたら有難いなぁ、と思いここに書き込むことにしました。 推敲をめぐらしそのうち、私なりの英語ヴァージョンの歌唱見本をまたいつものように聞いていただきたいと思います。

 

    My Song for the Thistle             No.356

       あざみの唄

            横井 弘 作詞 

            八洲秀章 作曲

            伊藤久男  唄

(1)

山には山の 愁いあり

海には海の 悲しみや

ましてこころの 花ぞのに

咲きしあざみの 花ならば

 

While (we are) in the mountains, we are never  /  free  from  some worry.

While (we are) on the sea, we aren’t either  /  free  from some  sadness.

Within the mental  flower  garden,  /  we have still  harder destiny.

Such  pressures are  especially hard  /  against the thistle  flower there.

 

(2)

高嶺の百合の それよりも

秘めたる夢を ひとすじに

くれない燃ゆる その姿

あざみに深き わが想い

 

What  are  more  precious than  the lilies  /  in  the high  mountains,

Are  my secret  dreams I’ve been  /   exclusively longing for.

The feature burning in such charming  /  crimson only belongs to

The dearest thistle flower   /  I’ve been longing for.

 

(3)

いとしき花よ 汝はあざみ

こころの花よ 汝はあざみ

さだめの径に 涯なくも

かおれよせめて わが胸に

 

The dearest flower  /  you are a thistle flower !

The only flower in my heart;  /  you are a thistle flower !

Even though we mayn’t  encounter  /  each other  in our lives,

At least offer me your scent  /  to my ever-waiting bosom.

 

2005. 9. 27, 30                    Translated by: B. Ito

 

 

ヨーロッパ全体に目をやると、日本でも昔よく歌われ歌に、「オー マイ パパ」というのがあります。私はてっきりフランスにそのオリジナルがあると思ってインターネットでやさがししたことがあったのですが、これはドイツにオリジナルがありました。

ドイツ人に伺ったのですが、このドイツ語歌詞はジプシーの少女がサーカスでピエロを演じていた父親の思い出を歌にしたもので、発音もドイツ語辞書にある発音記号どおりではない、ということが勉強になりました。 

 

これこそ世界的に有名な名曲となっているので各外国語の歌詞があると思って検索してみたのですが、意外と無かったです。特にスペイン語の歌詞ならあるんじゃないか、と思いましたが、見当たらないので、自分でスペイン語に翻訳して唄って見ました。下記がそれら各外国語での歌唱です。

 

"Mein Papa" or "O Mein Papa"        「オオ マイ パパ」
German original:
http://bito2.tsukaeru.jp/Omeinpapa2.htm    
      ドイツ語オリジナル

English version:
http://bito2.tsukaeru.jp/Ohmypapa.htm
         英語ヴァージョン

French version:
http://bito2.tsukaeru.jp/Ohmonpapa2.htm
       フランス語ヴァージョン 

Italian version:
http://bito2.tsukaeru.jp/Omeinpapaitaliano.htm 
    イタリア語ヴァージョン

 

Spanish version: (translated by B Ito)

http://bito2.tsukaeru.jp/Ohmipapaespanol.htm   スペイン語ヴァージョン

Japanese version:
http://bito2.tsukaeru.jp/Oomaipapa.htm   
       日本語ヴァージョン

 

 

 

イギリスには古い名曲が沢山ありますね。歌唱見本の録音は半年ほど前にしたものですが、下記の3曲は大好きですね。

 

http://bito2.tsukaeru.jp/Dannyboyharrymp3.mp3    ダニー ボーイ

 

http://bito2.tsukaeru.jp/Greengreengrassmp3.mp3  グリーン グリーン グラス

 

http://bito2.tsukaeru.jp/Auldlangsynemp3.mp3    オールド ラング ザイン 〈英、仏〉〈正調、蛍の光〉

 

 

アメリカにはなかなか馴染み深い曲があります。 「レッド・リヴァー・ヴァリー」なんかは検索していて分かったのですが、ニューヨーク州のステイト・ソング(洲歌)とされていたんですってね。 現在もそうかも知れないけど。また「聖者が街にやってくる」ないかにもデキシーランド・ジャズのモデルのようなメロディーですね。 なかなかリズムが気持ちいいです。

 

c.レッド リヴァー ヴァリー  (英語)   ここをクリック  

d.聖者が街にやってくる     (英語)   ここをクリック

 

 

 

世界の名曲に目を向けてあっちこっち検索していましたら、最近アメリカの民謡らしき古きいいメロディーが沢山出てきまして,英語歌詞とそれをカラオケ風に歌えそうなMIDIを検索して歌ってみました。 この一週間に下記の3曲を歌ってみました。 これらはどれも素晴らしい名曲ですね。 いままで知らずにいたのですが、「なつかしきケンタッキーのわが家」は、アメリカのケンタッキー州の「洲歌」となっているのですね。 もう1曲、「なつかしのヴァージニア」、これもどうもヴァージニア州の洲歌となっているみたいですので、歌唱練習してこの次にアップロードしたいと思います。

 

a.いとしのクレメンタイン  (英語)     ここをクリック 

b.峠のわが家        (英語)     ここをクリック 

c.かつかしきケンタッキーのわが家 (英語)  ここをクリック 

 

 

先日は長野県の安曇野地方に足を伸ばしておりました。目的には入って入なかったのですが橋を越えると「早春賦歌碑」の看板が目に入りましたので、メモしておき後ほどゆっくりと訪問させてもらいました。あれは穂高川だったと思いますが、川岸のかなりの空き地に歌碑と作詞家、作曲家の写真入り楽譜とそれにソーラー電源のプレーヤーが設置されておりました。 地元の説明マップでその対岸に安曇野コンサートホールがあることを知りましたので、あそこで毎年『早春賦』の全国歌唱大会が開かれるのだろうと判断しました。 そのマップを見ると、今年平成17年度は4月29日に行われたようです。平成18年度は是非その時期にまた訪問したいなぁ、と思って帰ってきました。 この思いがけない早春賦歌碑訪問を記念して改めて私の『早春賦』英語ヴァージョンの歌唱練習をしました。

 

http://www.geocities.jp/jg2cme2/Soushunfu35.htm   「早春賦」 英語ヴァージョン

 

 

先日テレビの歌謡番組を途中から見始めたのですが、司会者が「次は北島三郎さんの新曲、「還暦」です。」

なんて紹介されたものですから、私はびっくり仰天。 というのは私がすでに「還暦」英語ヴァージョンの翻訳を終わり私なりの歌唱見本も私の掲示板にも書き込み、HPにも掲載しているからです。

 

でも聞いてみてがっかりでした。 「還暦」は還暦でも全くの別歌でした。 しかしこちらの方が先行の「還暦」なので、どんな詩、曲であるのか、北島三郎が歌いだすのをじっと息をこらえてテレビに張り付き、構えたのでした。 北島三郎が歌い終えた後の感想はと言えば、「勝ち誇った感じ」というのが正直な気持ちでした。何故かと言うと, 先行の我がサイドの「還暦」の方が、詩、曲とも一段優れている、と判断出来たからでした。そして私も自分の英訳に改めて目を通して推敲を重ね、それに従って私なりの歌唱見本も録音し直しいたしました。下記がその明細です。 お気づきの点がありましたら、何なりとお聞かせいただければ嬉しいです。

 

「還暦」英語ヴァージョン

http://bito2.tsukaeru.jp/Kanreki.htm   

 

            K  A  N  R  E  K  I              No.  54

                       (The Sexagenary Sixtieth)

                           ( 還 暦 

(1)

Three_  fi_fths of the_ century  /  *o_f  a  man’_s  li___fe,

A_  man is lucky to start  /  a_gain  the sexa-genary cycle.

*The gray hair  is a_  proof of  /  yoke of happy couple,

*Tie_d  by God  /  with a red thread.

*Old enou_gh   *to sto_p  /  in front o__f  nameless flo_wers,

*Looking u_p  /  at the immense sky,  / 

*a_t  the immense sk__y,  /  **he  ta__kes  a_  deep breath.

(2)

Many_  foo_lish things  ha_d been done_  /  *in my  vi_gorous youth.

There’__re  a  lot of o_ld woun_ds,  /  o_n  m_y  hear_t  and bo_dy.

*After  moun_tains of  /  suffering and_  rivers of tears,

*Now sake  tastes better  /  than ever_  before.

*Appreciati_ng  *what i_s  meant  /  b_y the wor_d  “de_sti_ny__,”

*We’ll do our be_st  /  for  soci_ety,  /

                     *for  soci_ety__,   /  **and  fo_r    other people.

(3)

Seven_  pa_rts,  happi_ne_ss  /  *and three_  par_ts,  re_gre__t.

To_day_  is my sixtieth birthday.  /  I’m ser_ved  wi_th delicious dishes,

*The red padde_d  sleeeveless coat’s a  /  present  from (my) Family,

*My expression_  ge_ts war_med  /  looking at the_  grand_children.

*My seven_tiet_h  *and eightieth ones   /  are_  no_t  so_  far ahea__d.

*There’s my goa_l  /  of the ninety-nin_th:  /

              *the ninety-ninth birthda_y  /  **I’m  fir_mly  headed for.

 

2000. 3. 4, 6. (8/24). 2001. 5. 18 /  2005. 4. 18, 19    Translated by:  B. Ito

(2005. 4. 20    advice from Danny Wilde, John J. Chew III, sci.lang.japan)

2005. 4. 21, 28. 7/ 19

  還暦

       奥村和弘: 作詞

       前田勝夫: 作曲

       中島昭二: 編曲

       碧川わたる: 歌

 

一.人生百年 五分の三を

  生きて迎える 干支がえり

  共に白髪の 夫婦の絆

  神が結んだ 赤い糸

  名もない花に 足をとめ

  広い空見て 広い空見て

  深呼吸

 

二.若気の至りと 片づけるには

  疼く古傷 馬鹿ばなし

  苦労峠や 涙の川を

  越えて味わう 旨い酒

  縁と云う字に 感謝して

尽くす世のため

 尽くす世のため 人のため

 

三.嬉しさ七分で 寂しさ三分

  きょうは還暦 祝い膳

  赤いちゃんちゃんこ 

  子にきせられて

  孫の仕草に 細める目

  古希や傘寿も 道半ば

  白寿目指して 白寿目指して

俺は行く

 

 

最近は日本の名曲ばかりじゃなく、世界の名曲も勉強して日本名曲英語ヴァージョン、フランス語ヴァージョンに活かしたいと考えて、世界に目を向けております。目下、世界の名曲中の名曲シューベルト及びグノー作曲の「アヴェ マリア」を勉強中です。 オリジナルがラテン語ないしドイツ語あるいはグノーの場合はフランス語かも知れないのでちょっと下調べには時間が掛かっておりますが、頑張ります。 どなたか、なんなりとお知恵を拝借しゃく願えればあり難いです。

 

過日は始めて愛知万博を見物してきました。 混雑振りはTVでもよく知っておりましたから、私なりのプランを持っていってきました。 それは行きたくとも混雑をさけ、兎に角すいていてそのパヴィリオンの外国のお姉ちゃんと直接出来ればと思って、長話の出来そうなところばかりを選んで飛び込みました。 今回は西口から入場しましたので、入り口近くのアフリカ、特に旧仏領アフリカを中心に廻ってきました。 やはりフランス語の勉強にはなりました。 今後の私の『日本名曲フランス語ヴァージョン』に活かしたいとおもいます。

今回特に収穫のあったのは私が前を通り過ぎようとしていた時にはだれも入り口にひとが並んでいなかった「トルコ」のパヴィリオンをおとずれたことでした。 早速暇そうなお姉ちゃんに声をかけて、日本でもよく知られているトルコ民謡の「ウスクダラ」を話題にだしてみましたら、その二人のお姉ちゃんたちも好きだ、というので、占めたと思い、お願いしました。 そしてついにお姉ちゃん二人にその場で「ウスクダラ」を原語のトルコ語で教えてもらうことができました。

家に帰って一生懸命にその教えてもらった発音どおりに歌う練習をして仮アップロードしたのが下記のURLです。

 

「ウスクダラ」 B.Ito のトルコ語アカペラ歌唱:

http://bito2.tsukaeru.jp/Usukudara.htm  

 

 

下記の作品はもう一ヶ月以上も前にいつものニュースグループに投稿したものですが、まだ何もコメントいただいておりません。

訂正をいれてからと思っておりました今書き込んでおきます。 今年「還暦」を迎えられるお方もいらっしゃるでしょうからね。

 

「還暦」奥村和弘作詞、前田勝夫作曲、中島昭二編曲、碧川わたる元歌、の英訳にチャレンジしました。 実は、一番だけは5年前にすでに英訳していたものですから、今回はそれに2番、3番を英訳したものです。

 

http://bito2.tsukaeru.jp/Kanreki.htm 

 

       K  A  N  R  E  K  I           No.  54

            (The Sexagenary Sixtieth)

                ( 還 暦  

(1)

人生百年 五分の三を

  生きて迎える 干支がえり

  共に白髪の 夫婦の絆

  神が結んだ 赤い糸

  名もない花に 足をとめ

  広い空見て 広い空見て

  深呼吸

Three  fifths of  mans lifetime  /  *out of  one century,

A  man is lucky to start  /  again  the sexa-genary cycle.

*The gray hair  is a proof of  /  yoke of happy couple,

*Tied  by God  /  with a red thread.

*Old enough   *to stop  /  in front  of  obscure flowers,

*Looking up at  /  the spacious sky,  / 

*at   the spacious sky,  /  **he  takes  a  full breath.

 

(2)

若気の至りと 片づけるには

  疼く古傷 馬鹿ばなし

  苦労峠や 涙の川を

  越えて味わう 旨い酒

  縁と云う字に 感謝して

尽くす世のため

 尽くす世のため 人のため

Many  follies were   carried away  /  *in my  vigorous youth.

There’re  a  lot of old wounds,  /  both  physical and mental.

*Crossing  over su_ch mountain  /  passes and tear-rivers,

*The sake  tastes better  /  than it’s ever  been.

*Appreciating  *what i_s  meant  /  by the word  “de_stiny,”

*We’ll do our best  /  for the society, /

             *for  the  society,   /  **and  for   other  people.

(3)

嬉しさ七分で 寂しさ三分

  きょうは還暦 祝い膳

  赤いちゃんちゃんこ 

  子にきせられて

  孫の仕草に 細める目

  古希や傘寿も 道半ば

  白寿目指して 白寿目指して俺は行く

Three-fifths are  happiness  /  *and  the  rest  is loneliness.

Today  is my sixtieth birthday.  /  I’m served  with delicious dishes.

*A red (padded)  sleevele_ss coat’s been  /  presented  by (my) family.

*My expression  gets warmed  /  looking at the grandchildren.

*My seventieth  *and eightieth ones   /  are  not  so  far ahead.

*There’s my goal  /  of the ninety-ninth:  /

           *the ninety-ninth birthday  /  **I’m  firmly  headed for.

 

2000. 3. 4, 6. (8/24). 2001. 5. 18 /  2005. 4. 18, 19  Translated by:  B. Ito

 

「とんぼの里」 を今度はフランス語ヴァージョンに翻訳いたしました。歌唱見本もなんとか録音して下記のURLに仮アップッロードいたしました。 今聞いてみましたが、一箇所単語の発音を完全にミスしましたね。

 

 

http://bito2.tsukaeru.jp/Tombonosatofrancais.htm

 

Tombo no Sato (Fr.)                No. 352

とんぼの里(仏語)

(1)

I_wata  est la ville  où nous vivons.  /  Nous en sommes beaucoup  fier.

C'est  très riche en  ressources naturelles,  /  pre_mier au  Japon.

Toute  sorte  de  libellures habitent Marais  /  Okegaya  et ses en_virons.

Ya_m_ma__,  Be__kkou,  /  les  larves é_mergent  de  dedans.

Nous  espé_rons   qu'ils  s'ai_ment  /  sous  notre  ciel si bleu.

 

(2)

Le  chemin de  bois  vous prend  /  autour du marais   et autres étangs.

Vous  rencon_trerez  tant  d'oiseaux  /  qui  pépient  gaiement.

Toute  sorte  de  libellures habitent Marais  /  Okegaya  et ses en_virons.

A_ka_ne__,  Beni__-Ito /  a_vec  leurs corps  colo_rés.

Ils  s'asse_yent  (silencieusement) sur la  clôture. /

                                       Qui  est-ce qu'ils   attendraient ?

 

(3)

En_tendrant les  corneilles  qui pleurent  /  sur le chemin  à leurs perchoirs,

Les  enfants ont  envie de voir  /  leurs  mères  le soir.

Toute  sorte  de  libellures habitent Marais  /  Okegaya  et ses en_virons.

Sa_na_e__,  Yotsu_boshi,  Nous  leur chu_chotons  la  "Bonne nuit."

Le  ciel est rouge  vraiment   sombre.  /  Co_mment  beaux  ces nuages !

 

2005. 5. 9, 10                                        Traduit par:  B. Ito

 

童謡 とんぼの里

作詞きただい喜一

作編曲かなじま健

元歌:戸 登

()

磐田の丘に

故郷(ふるさと)自慢

自然の宝庫(ほうこ)日本一

とんぼの里の 桶ヶ谷沼は
ヤンマ。べッコウ

ヤゴが羽化(うか)して

嬉(うれ)し旅立ち 青い空

 

 

()

池沼(いけぬま)めぐり

歩道にあそぶ

名前も知らぬ 鳥が鳴く

とんぼの里の 桶ヶ谷沼は

アカネ。べニイト

色あざやかに

柵(さく)にとまって

誰を待つ

 

 

 

()

ねぐらに帰る からすの声に
母さん恋し 日暮れどき

とんぼの里の 桶ヶ谷沼は
サナエ。ヨツボシ

そっとさようなら
空は夕焼け あかね雲

 

 

 

/8、ニュースグループのかたよりありがたいコメント、アドヴァイスがあり、下記の部分、英訳を訂正して、歌唱見本

も唄い直し、URLを上書きいたしました。

 

http://bito2.tsukaeru.jp/Tombonosato.htm

 

Iwata is the town we live in……..

All sorts of degaonflies inhabit Okegaya Marsh.

We hope they enjoy themselves under our blue skies.

 

The boardwalk takes you around the marsh and other ponds.

 

Sanae, Yotsuboshi, well whisper Good Night to them

The skies are really dar red.  How beautiful those clouds !

 

 

昨日(5/2日)いつものニュースグループに私の新作、「童謡 とんぼの里」 英語ヴァージョンの

英訳歌詞、及びその歌唱見本を投稿いたしました。 明細は下記です。

 

Tombo no Sato  English Version:

 

"Go-Touchi Song(u)."   Have you ever heard of this Japanese phrase ?
Hi-level Japanese learners may understand better what it is by seeing
the kanji/kana spellings,
「ご当地ソング」.   In a word, it is a PR song for
the local town.

"Tombo no Sato"
「とんぼの里」 is lieteraly translated as a "Homeground
for Dragonflies".

Shizuoka Prefecture is located roughly in a geographically center of
Japan.  One of the cities called "Iwata City"
磐田市has a large marsh
called "Okegaya Marsh."   65 to 67 species of dragonflies inhabit in/around
this marsh.   The 16th All Japan Civilian Summit Tombo Conference was

held on this April 29 & 30, 2005.

HPs showing "Okegaya Marsh"
http://www.shizuoka.com/okegaya/mainmenu.htm

http://www.h-tak.net/~karita/oke.html

http://homepage2.nifty.com/o-kousai/

-------------------------------------------------------------

I translated this new song, "Tombo no Sato" into English.
My English translations and vocal sample are in the following URL:

http://bito2.tsukaeru.jp/Tombonosato.htm

I appreciate very much any comments, suggestions and corrections
of my English.

 --------------------------------------------------------------
As for the original vocal in Japanese, please click
「歌唱  戸  登」
in the following URL:

http://noboru1010.web.infoseek.co.jp/tonbonosato-kasi.html

      Tombo no Sato                   No. 351
        
童謡    とんぼの里

                    
作詞きただい喜一     Written by Kitadai Kiichi
                    
作編曲かなじま健     Composed  by Kanajima Ken
                    
元歌:戸 登       Vocal by Todaka Noboru

(1)
磐田の丘に 故郷(ふるさと)自慢
Iwata no oka ni furusato jiman
  
自然の宝庫(ほうこ)日本一 
Shizen no houko Nihon-ichi

とんぼの里の 桶ヶ谷沼は
Tombo no Sato no Okegaya-numa wa

ヤンマ。べッコウ ヤゴが羽化(うか)して
Yamma, Bekkou, yago ga uka shite

嬉(うれ)し旅立ち 青い空
Ureshi tabidachi aoi sora

I_wata is our town  we live in,  / where we feel so prou_d  a_bou_t  /
The  ecological  resources,  /  No. 1 (Numbe_r  one_)  in Japan
A_ll so_rts o_f  dragon flie_s fly about  /  Okegaya  Ma__rsh,
Ya_m_ma__,  Be__kkou,  /  their la
_rvae  emerge here.
We  hope they  enjoy  themselves  /  un_der  the blue skies.


(2)
池沼(いけぬま)めぐり 歩道にあそぶ
Ike numa meguri hodou ni asobu
          
名前も知らぬ 鳥が鳴く
Namae mo shiranu tori ga naku
             
とんぼの里の 桶ヶ谷沼は 
Tombo no Sato no Okegaya-numa wa
       
アカネ。べニイト 色あざやかに 
Akane, Beni-Ito iro azayaka ni
       
柵(さく)にとまって 誰を待つ
Saku ni tomatte dare wo matsu

The  observation  wooden  roads  /
                                take you around the marsh
 and other ponds.
You’_ll encounter  so many birds   /  chir__ping  merrily.
A_ll so_rts o_f  dragon flie_s fly about  /  Okegaya  Ma__rsh,
A_ka_ne__,
 Beni__-Ito  /  wi_th their color_fu_l  bo_dies,
Si_lently  sit on_ the  fences.  /  Who  would  they wait for ?


(3)
ねぐらに帰る からすの声に
Negura ni kaeru karasu no koe ni

母さん恋し 日暮れどき
Kaa-san koishi(i) higure-doki

とんぼの里の 桶ヶ谷沼は
Tombo no Sato no Okegayanuma wa

サナエ。ヨツボシ そっとさようなら
Sanae, Yotsuboshi sotto sayonara

空は夕焼け あかね雲
Sora wa yuuyake akane gumo

Hear_ing the  cro_ws  crying  /  on the way to their  roo_sts,
Chil_dren feel li_ke  seeing their mothers  /  in__  the  evening.
A_ll so_rts o_f  dragon flie_s fly about  /  Okegaya  Ma__rsh,
Sa_na_e__,  Yotsu_boshi,   /  we’_ll  say “Good Ni_ght”  to them
The  skies are  all  dark red.  /  So are  most  of the clouds.


2005. 4. 30.
/                    Translated by:  B. Ito
----------------------------------------------------------------------------------------
B. Ito        jg2cme@wonder.ocn.ne.jp
日本名曲・英語ヴァージョン、全曲350数曲
HP: http://www8.ocn.ne.jp/~bito/
 
MUZIE
登録:http://www.muzie.co.jp/cgi-bin/artist.cgi?id=a011096

 

 

 

「緑雨の舘山寺」 英語ヴァージョン、いつものニュースグループの方から素晴らしいコメント、アドヴァイスを頂増した。それに従って、フレージングを訂正し、その他ところどころ音符に対する「譜割り」も再検討しましたのでメロディーに対する追従が以前よりうんと良くなったみたいです。 詳細は下記にありますが、歌唱見本もこの最新版で歌い直し上書きいたしました。

 

                     Green Rain in Kanzanji                  No. 350

                         緑雨の舘山寺

(1)

*Who  wou_ld a  /  lady wait for  /  *wi_th  her  lips neatly  rou_ged ?

She  i_s stand_ing  alo_ne  /  * li_ke  a double-flowered camellia.

Though  ti_re_d  with a  lone_ly tri_p, /  * b_y  the Koto  so_und,

Minds  are eased at  /  * Ha_ma_na_ko here.

A  man’s hea_rt  sta_rts poun_ding,  /  * here  in Kanzanji.

 

(2)

* On  the foot o_f  /  this little hi_ll,  / 

* there  are  beautiful cherry blossoms.

To_night, won’t  you  dri_nk   /  * wi__th  me_  down there ?

We  on_ly  can enjo_y  one night,  /  * ‘cau__se  I’m on_  my wa_y.

You  may pretend  /  * you are so tender.

Ni_ght and  ra_in  are_  fall_ing ,  /  * here  in Kanzanji.

 

(3)

* The  little boa_t  /  on the la_ke  /  * are_  swimming  in tears.

The  mid-ni_ght  ha_rd  ra_in  /  * ha_s  turned do_wn to light rain.

Such  a  par_ti_ng  in the  morni_ng  /  * wou_ld be empty sa_dne_ss.

Green  rain’s falling  /  * over Hamana_ko.

A  man come_s out  from his drea_m,  /  * here  in Kanzanji.

 

2005. 4. 4, 5, 6                                   Translated by:  B. Ito

(2005. 4. 7     advice from John J. Chew III,  kouji ueshiba,sci.lang.japan)

2005. 4. 7

緑雨の舘山寺

     作詞  きただい  喜一
作曲  かなじま  
編曲  かなじま   健

        元歌  戸 登

1) 

誰をまつやら  紅さして
一人たたずむ  八重椿
旅のつかれを  琴の音に
いやして呉れる 浜名湖の
男がときめく あゝ 舘山寺

 

2)  

すそに散らした さくら花
今宵あなたと  花見酒
どうせ一夜の  旅まくら
うそでもいいよ 

やさしさも
しぐれに暮れ行く 

あゝ 舘山寺

 

3)  

浮かぶ小舟が  泣いている
夕べさわいだ  名残雨
朝の別れの  わびしさよ
緑雨(ろくう)に けむる  

浜名湖に
夢から目覚めた  

あゝ 舘山寺

 

 

 

 

同じくかなじま健様の作曲による、きただい喜一さま作詞のすてきな歌「緑雨の舘山寺」の英訳を始めました。一番の「八重椿」からの瞬時の夢物語の進行の描写が随分楽しい詩だと思いました。


http://bito2.tsukaeru.jp/Rokuunokanzanji.htm
 

上記歌唱練習をし、細かい「譜割り」もあれやこれや工夫して、まだなかには野暮ったいところものこってますが今のところまあまあと思えるまとまりが出てきたようです。
これをご覧の方からのなにかコメント、アイデア等がございましたらぜひお聞かせ願いたいと存じます。下記が全英訳歌詞の最新版です。

Green Rain in Kanzanji No. 350
緑雨の舘山寺
     作詞  きただい  喜一
作曲  かなじま  
編曲  かなじま   健
(1)
誰をまつやら  紅さして
一人たたずむ  八重椿
旅のつかれを  琴の音に
いやして呉れる 浜名湖の
男がときめく あゝ 舘山寺
* Who wou_ld a / lady wait for / * wi_th her li_ps neatly rou_ged ?
She i_s stand_ing alo_ne / * li_ke a camellia double flowered.
Though tired wi_th a lone_ly tri_p, / * b_y the Koto soun_d,
Minds are eased at / * Hamanako here.
A man’s hea_rt sta_rts poun_ding, / * here in Kanzanji.

(2)
すそに散らした さくら花
今宵あなたと  花見酒
どうせ一夜の  旅まくら
うそでもいいよ 
やさしさも
しぐれに暮れ行く 
あゝ 舘山寺
* On the foot o_f / this little hi_ll, /
* there are beautiful cherry blossoms.
To_ni_ght, won’t you dri_nk / * wi__th me_ down there ?
We on_ly can enjo_y one night, / * a__s I’m on_ my wa_y.
You may pretend / * you are so tender.
The raini_ng night i_s grow_ing, / * here in Kanzanji.

(3)
浮かぶ小舟が  泣いている
夕べさわいだ  名残雨
朝の別れの  わびしさよ
緑雨(ろくう)に けむる  
浜名湖に
夢から目覚めた  
あゝ 舘山寺
* The little boa_t / down on the la_ke / * loo__ks floa_ting sa_d.
The mid-ni_ght ha_rd ra_in / * ha_s turned down to light rain.
Such a par_ti_ng in the morni_ng / * wou_ld be empty sadne_ss.
Green rain’s falling / * over Hamanako.
A man come_s out from his drea_m, / * here in Kanzanji.

2005. 4. 4, 5, 6 Translated by: B. Ito

 

「ネオン灯り」 英語ヴァージョン

歌唱見本、録音テイク・ナインです。 9回目の歌唱録音で今までのURLを上書きしました。
それプラス、英語歌詞のフレーズごとの発音がよく聞き取ってもらえるようにアカペラ歌唱の録音も仮アップロードしました。さらに英語歌詞の朗読もこの際仮アップロードいたしました。これで私の英語の発音の至らないところもお聞きいただいてご指導がいただけるとうれしいです。

http://bito2.tsukaeru.jp/Neonakari.htm
  ネオン灯り、英語ヴァージョン歌唱見本、
http://bito2.tsukaeru.jp/NeonakariAkapera.htm
ネオン灯り、英語Ver、アカペラ歌唱
http://bito2.tsukaeru.jp/NeonakariReading.htm
 ネオン灯り、英語歌詞、朗読

 

「ネオン灯り」 嶋 はじめ作詞、かなじま健作曲、歌唱

「ネオン灯り」英語ヴァージョン、再録音(テイク・エイト)し今最新のものを再アップロードいたしました。 録音に際して今回は更に伴奏を大きく声を控え目にミキシングしてみました。

 

http://bito2.tsukaeru.jp/Neonakari.htm 

 

英訳歌詞は主に3番の内容をより忠実な英訳に訂正いたしました。 URLと同じですが、明細は下記です。

               Neon Lights                        No. 349

                         ネオン灯り

                  作詞: 嶋 はじめ

                  作曲: かなじま健

                  元歌: かなじま健

(1)

ネオン灯りに 誘われて

いつも気が合う 唄仲間

マイク片手に 目と目が語る

酒がほんのり 心にとけて

虹のみなとは 唄の波

Ne_o_n  li_ghts  in the town  /  dra_w  a_ll  o_f  u_s  i_n.

We  o_ften  get together,  /  frien_dly  singing grou_p.

A  micro_pho_ne  in one  hand,  /  (our) e_yes  talk to  one another.

Sake is  softening  /  and  melting our hearts.

We  are   in a good mood  /  in a  floo_d o_f  nice so_ngs.

 

(2)

みんな集まり 夢さがし

酔えば抱きたく なる人も

更けて寂しい 肩うつ波は

唄が彩る ビデオのデスク

虹のみなとは 唄の波      

E_verybo_dy  gets  to_ge__ther  /  pur_su_ing  their dreams.

A little sake  makes peo_ple  /  mu__ch  more  attractive.

Ni_ghts  are  grow_ing,  /  Shoul_ders are  sway_ing.

Char_ming  music flows  /  from many video disks.

We  are   in a good mood  /  in a  floo_d o_f  nice so_ngs.

 

(3)

ラストダンスが 夢さまし

消えた灯りに 頬よせて

名残つきない グラスの影に

誰が忘れた シンクの薔薇か

虹のみなとは 唄の波

La_st dances  wake us  u__p  /  fro_m  our swee_t  drea_ms.

Re_maining li_ghts  make us fee_l  /  li_ke  ge_tting our cheeks closer.

Lin_ger_ing  fee_lings  /  ha_ve been  left in some glasse_s.

Who’s le_ft  those crimson  /  rose_s  behind them ?

We  are   in a good mood  /  in a  floo_d o_f  nice so_ngs.

 

2005. 3. 20, 21a, 21b, 24, 25, 26, 27               Translated by:  B. Ito

(2005.3.25, 26    avdvice from Bart Mathias, sci.lang.japan)

 

 

 

世界平和テーマ・ソングをここに紹介いたします。
この歌を私のインターネットの掲示板及びホームページに掲載することはこの歌手ご本人の「許諾」をいただいております。 
ここで歌っていらっしゃる方は Mr.Supapong Krishnakan とおっしゃる方でバンコックの出版社(レコード会社)の社長さんをしておられます。昨年の11月横浜の大桟橋ホールで直接ご本人にお会いし私のホームページに掲載することの許諾を頂きました。 
その時にこの歌のカラオケファイルもご本人から頂いておりますので、そのうちに時間を見つけて歌う練習をしたいと思っております。

http://bito2.tsukaeru.jp/Walk-Talk-TogetherAFS.rmj

拡張子の「.rmj」というのは私は始めてでしたので、使用可能かどうか心配だったのですが、私のプロバイダーは受け付けてくれましたので一安心です。 どうもこのファイルはWAV系のmp3とは兄弟みたいな拡張子のファイルなのでしょうかね。


この歌を「世界の名曲」と題して第一曲目に仮アップロードしてみました。

これですと、再生スタートは自動ではありませんので、手動でプレーヤーのスタートボタンをクリックして下さい。
http://bito2.tsukaeru.jp/Sekainomeikyoku.htm     Walk Together AFS  

 

 

歌う練習をしながら、さらに訂正特に、英語歌詞の「譜割り」に気を配りより元メロディーに合うようにくっつけたり、離したりしました。

 

あと、英訳としては「初のぼり」が 「first up-bound trip」 とはちとお粗末なような気がしますが、今のところ「trip」よりベターな英単語が浮かんできません。

 

どなたかいいアイディアありませんか? また民謡のお上手なかたちょっと歌ってみて下さい。

 

http://bito2.tsukaeru.jp/Oedonihonbashi.htm 

 

 

日本民謡英語ヴァージョン

日本民謡の元祖とも言うべき「よさこい節」「ソーラン節」を長い間思い出さずに英語ヴァージョン作品を重ねてきましたが、今一つ日本民謡のこれこそ元祖というべき日本古謡がありました。 「お江戸日本橋」ですね。江戸初京都(当時はこれが上京)向けの「歩き旅」(現代風に言えば’テクシー‘)それも歌にあるようにぞろぞろとひとの列をなして、行列での今の東海道を下った(いや当時は上った)そうですね。そんな風景見てみたいなぁ。 それでこの古謡は「数え唄」見たいな歌詞構成になっているのですね(英訳ヴァージョンを始めるまで知らなかった)。 それだから、「下り唄」18番、「上り唄」18番、合わせて36番曲あるのですね。 驚きました。

 

それらの36番曲の内の「下り唄」の一番と3番を選んで、英語に翻訳して歌ってみようと思いまして、下記ののような英語に一応してはみたのですが、これではまだまだあのメロディーに合わせて歌いづらい、いや歌えない、と言ったほうが的確でしょうね。 大体歌の意味をおりくんだものですから、いたるところで「字余り」になってます。 そのうちにこれを何とか歌えるところまで訂正して行くつもりです。

 

私の英訳をご覧になってなんなりとコメント、アドヴァイス等をいただければうれしいです。

 

 

              Oedo  Nihonbashi                  No. 346

                     お江戸日本橋

(1)

Oedo Nihonbashi, there we left at 4 in the morning.

This is our first up-bound tour.

We are moving in group.  Arewai sa no sa.

Kocha. We are already in Takanawa.

The day is going to break and we put out our lantern.

Kocha-e, kocha-e.

 

 

(2)

Rokugou is a ferry, where we cross over to Kawasaki.

There is Man-nen-ya.

Crane and tortoise shaped things are

Their speciality of steamed bun.

Kocha. There we are in Kanagawa.

In a hurry, we will rush to Hodogaya.

Kocha-e, kocha-e.

 

 

2005. 3. 2                                   Translated by:  B. Ito

お江戸日本橋

東京地方民謡

 

お江戸日本橋 七つ立ち
初のぼり
行列そろえて
アレワイサノサ
コチャ 高輪(たかなわ)
夜あけて 提灯(ちょうちん)けす
コチャエ コチャエ

 

 

六郷(ろくごう)わたれば 川崎の
万年屋(まんねんや)
つるとかめとの
米饅頭(よねまんじゅう)
コチャ 神奈川
急いで 保土ヶ谷(ほどがや)へ
コチャエ コチャエ

 

 

 

日本民謡英語ヴァージョン、北海道は「北海盆唄」以上に最近人気の出てきた民謡がありました。「ソーラン節」です。 気がついて見たら、この民謡はシンプルななかにそのリズムの心地よさがありますね。 道理で

全国を踊りまくっている「よさこい・ソーラン踊り」とは上手く命名したものですね。

 

「ソーラン節」 英語ヴァージョン

http://bito2.tsukaeru.jp/So-ranbushiyoshida.htm 

 

「よさこい節」英語ヴァージョンは下記です:

http://bito2.tsukaeru.jp/Yosakoibushi.htm 

 

 

卒業シーズンに入りましたね。「蛍の光」に「仰げば尊し」,いい曲(名曲)ですね。 「蛍の光」のメロディーは世界の名曲5−10本の指に入るんじゃないでしょうか。「仰げば尊し」は詞曲とも日本製ですが、「蛍の光」に一歩も引けをとっておりませんね。

 

今回はこの純日本の名曲「仰げば尊し」の一番を英語ヴァージョンで吟詠してみました。 なんなりとコメント戴ければ嬉しいです。

 

「仰げば尊し」吟詠   B.Ito英語ヴァージョン

http://bito2.tsukaeru.jp/Aogebatoutoshishigin.htm

 

尚、文部省唱歌としての上記2曲の英語ヴァージョンは歌詞及び私の歌唱見本ともすでに私のメインHPに掲載されていますが、URLは下記です。

 

http://bito2.tsukaeru.jp/AogebaToutoshi.htm     B.Ito英語ヴァージョン

http://bito2.tsukaeru.jp/Hotarunohikarifl.htm    B.Ito英語ヴァージョン

http://bito2.tsukaeru.jp/Auldlangsyne.htm     英語&仏語 (オリジナル)

 

 

「日本名曲フランス語ヴァージョン」

「みついの里」をフランス語に翻訳してフランス語ヴァージョンで歌ってみました。
日本の歌のコブシをフランス語で表現すると、ちょっと野暮ったい感じがどうしても出てしまうのですが、まだまだこれからその辺りの工夫をしていきたいと思っております。

そのフランス語歌詞及び歌唱見本は下記のURLに仮アップロードしました。

「みついの里」フランス語ヴァージョン
http://bito2.tsukaeru.jp/Mitsuinosatofrancais.htm
 

尚、記事713に書き込んでいる「みついの里」英語ヴァージョンに関しても、歌唱見本、英訳歌詞朗読、アカペラ歌唱も少し訂正して、歌い直して下記URLを上書きしました。

http://bito2.tsukaeru.jp/Mitsuinosato.htm
      歌唱見本 及び 日/英歌詞
http://bito2.tsukaeru.jp/Mitsuinosatoreading.htm
  英語歌詞朗読 及び 日/英歌詞
http://bito2.tsukaeru.jp/Mitsuinosatoakapera.htm
  アカペラ歌唱 及び 日/英歌詞
http://bito2.tsukaeru.jp/Mitsuinosatokaraoke.htm
  カラオケ(日/英語歌詞付き)

 

 

 

今回は新曲「恕涛を越えて、、」〜知野潤三夫婦に捧げる詩〜, を英訳しました。
森浩通作詞、市川龍之介作編曲の名作で、主人公の知野潤三さんは単身野望を抱いて海をわたり、異国で苦難を乗り越えて花を咲かせた人です。

私の英語ヴァージョンはまだ出来たてなので、これから訂正をして歌唱見本もまた上書きいたしますが、現時点の作品としては下記の如くです。

「恕涛を越えて、、、」
http://bito2.tsukaeru.jp/Dotouwokoete.htm
  英語ヴァージョン歌唱見本
http://bito2.tsukaeru.jp/DotouwokoeteM-iri.htm
 (串本節入り〉英語ヴァージョン
http://bito2.tsukaeru.jp/DotouwokoeteM-iriKaraoke.htm
 英語ヴァージョン、カラオケ 
何なりとコメントがいただけたらうれしいです。

 

「遇成」  朱熹

ニュースグループからコメントをいただき、それに従って次のように訂正してみました。

"People easily lose youth and less learning they may master.
And a tiny chance is too big to overlook.
Spring grasses hardly realize that their dreams are too far to reach.
And the deciduous leaves here
have already prepared for the coming of autumn."

Another idea:

"The young age easily but learning comes harder.
No moment should be taken lightly. (or Don't waste an instant.)
Before we know it, the pond bank's greensward is but a dream.
The paulownia leaves already seem to be hearing the voice of autumn."

 

 

 

夕月馨作詞、ラギュペ作編曲「グラナダの風」英語ヴァージョンのレパートリーがまた一つ増えました。

 

作曲家ご本人のラギュペさんからはいろいろ音楽的な高度なアドヴァイスをいただき、名曲として残るほどの完成度に達してきました。 更にご本人の素晴らしい流暢な英語の発音で歌っていただけました。 私のメインHPにもすでに掲載いたしましたが、下記がそのダイレクトURLです:

 

http://bito2.tsukaeru.jp/GuranadanokazeenglishRagyupe.htm 

 

ラギュペさんのこの曲のオリジナル歌唱は下記のURLです:

http://www32.tok2.com/home/ragyupe/subsubGranEng.htm

 

尚、ラギュペさんのHPMuzieのアドレスは下記です。

Muzieサイトにもラギュペさんのこの曲のオリジナル歌唱があります。

http://www32.tok2.com/home/ragyupe/  Top Page

http://www.muzie.co.jp/cgi-bin/artist.cgi?id=a020825

 

 

この曲に関する私の作品は念のため、下記です。 英語ヴァージョンもそうですが、フランす語、スペイン語ヴァージョンもまたラギュペさんにアドヴァイスを戴きさらに訂正を加え、もっと歌いこまなければと思っております。

http://bito2.tsukaeru.jp/Guranadanokazeenglish.htm 歌唱見本 英語ヴァージョン

http://bito2.tsukaeru.jp/Guranadanokazeespanol.htm  “   西語ヴァージョン

http://bito2.tsukaeru.jp/Guranadanokazefrancais.htm  “   仏語ヴァージョン

 

カラオケ版

http://bito2.tsukaeru.jp/Guranadanokazeespanolkaraoke.htm スペイン語ヴァージョン

http://bito2.tsukaeru.jp/Guranadanokazeenglishkaraoke.htm 英語ヴァージョン

http://bito2.tsukaeru.jp/Guranadanokazefrancaiskaraoke.htm フランス語ヴァージョ 

 

 

 

Click here to visit our sponsor